現況と課題

位置

多々良沼は群馬県館林市と邑楽町にまたがる沼で、面積は約80 ヘクタール、周囲は約7km です。
城沼は、群馬県館林市の館林城址の南東に位置し、東西約3.8km、南北約0.2kmの東西に細長い沼で、面積は約50 ヘクタール、周囲は約8kmです。二つの沼は、東武伊勢崎線館林駅を挟んで、東西に約4.5km 離れています 。

図/ 多々良沼・城沼の位置(出典:Yahooマップ)
図/ 多々良沼・城沼周辺の空中写真(出典:Yahooマップ)
図/ 多々良沼及び周辺の地図出典:Yahooマップ)
図/ 多々良沼及び周辺の空中写真(出典:Yahooマップ)
図/ 城沼及び周辺の地図(出典:Yahooマップ)
図/ 城沼及び周辺の空中写真(出典:Yahooマップ)

成り立ちと歴史

多々良沼と城沼は、関東ローム層からなる低い台地を小河川が削ることでつくられた、泥質堆積物が積もった谷底にあります。台地上部との標高差は3m程度です。
谷底の湿地が徐々に水田化される中で、多々良沼は主に農業用水の供給源として、城沼は主に館林城を守る自然の要害として、沼の状態が維持されてきました。

図/表層地質図出典:土地分類基本調査古河1995年、群馬県農政部、深谷1991年、群馬県農政部

水系

多々良沼には多々良川と孫兵衛川が流れ込み、流れ出る多々良川は矢場川に合流して、さらに渡良瀬川に流れています。かつては渡良瀬川の洪水時に河川水が逆流し、大規模な洪水が発生していましたたが、1968(昭和43)年に木戸堰の改修整備を行い、渡良瀬川から多々良沼方向への逆流は発生しなくなりました。
多々良沼は、鶉新田用水、山神裏用水、松崎用水、多々良沼干拓用水等の農業用水の水源となっており、これらの用水は水田約68ヘクタール(※1)に供給されています。(※1多々良川全体計画書より)
城沼は、鶴生田川と、北から流入する加法師川・伴木川の水を集め、下流では鶴生田川は谷田川と合流し、渡良瀬遊水地に流れ込んでいます。
城沼は、地域防災上の側面から見ると、約80万立方メートル(※2)の洪水調整機能を計画されている調節池です。城沼において洪水調整を行うことで、鶴生田川上流の降雨による下流側の洪水被害の軽減が図られています。(※2:H8 鶴生田川パンフレットより)

図/多々良沼周辺の広域的な水系と主な沼の分布

図/多々良沼・城沼の流入河川・流出河川(カッコ内は水質測定地点(県)[市])

出典:平成17 年度水質調査業務委託報告書(館林土木事務所)
  多々良沼(中央部) 鶴生田川 城沼[中央部、古城沼柳橋]
流入河川 多々良川(江尻橋)
孫兵衛川(草場橋)(孫兵衛川合流点)
[坂下橋]
[五号橋]
鶴生田川浄化用水路[尾曳橋]
加法師川[当郷橋]
伴木堀(仲伊谷田承水溝細内幹線)
流出河川 多々良川(江尻橋)
孫兵衛川(草場橋)(孫兵衛川合流点)
鶴生田川[首洗堰橋]
流出水路 鶉新田用水、山神裏用水、松崎用水
多々良沼干拓用水 等
 

地形・水位

(1)多々良沼

1961(昭和36)年当時の多々良沼の水深は、最大水深3m未満の極めて浅い地形だったと考えられています。特に沼の南西部(通称:天沼)は全体が水深2m未満だったと考えられています。
1988(昭和63)~1995(平成7)年に行われた土地改良事業・浚渫事業において、沼の中央部に最大水深7mの区域ができ、既存地形との間は垂直に近い傾斜で7mまで深くなる沼底造成が行われました。南西の天沼部分では、地形の改変は行われませんでした。
沼底は砂質・泥質と考えられていることから、竣工後、底の土砂が穴部に向かって流れ込んでいる可能性が考えられますが、最近の沼底地形測量は行われていません。

出典:平成11年度公園整備基本設計業務委託報告書

多々良沼の水位は、主に下流の多々良川の木戸堰によって操作されています。水位は任意の高さに設定することができますが、おおむね稲作に合わせて、4月上旬に上昇し、9月下旬に低下する季節的な変動を繰り返しています。また、流入河川である多々良川・孫兵衛川はどちらも農業用水を源とし農業排水も放出されている河川で、4月上旬から9月下旬までの流量は他の時期よりも多いです。
この水位の変化により、多々良沼の冠水域及び水際は、夏季に広がり冬季に狭まることが毎年繰り返されています。

図/多々良沼の年間の水位変動のイメージ
出典:「多々良沼公園基本計画(修正)報告書」(2007)群馬県館林土木事務所
図/多々良沼の冠水域・水際の位置の季節変化のイメージ

(2)城沼

1963年(昭和38年)当時の城沼の水深は、水深1m未満の範囲がほとんどで最大水深は1.4m程度の多々良沼以上に浅い沼でした。1977(昭和52)~1991(平成3)年に行われた治水容量確保を目的とする浚渫・沼面積拡大事業によって、沼の岸部の垂直化と中央部の掘り下げが行われ、中央部の水深は1.00m~1.35m(航路部)(平均1.2m)となりました。その後、一部の岸は親水化事業により埋め戻し、傾斜のある水際になっています。
城沼の水位は、1971年時点では0.6~1.1mと約50cmの変動がありました。現在の水位は、下流の首洗堰の操作によって管理されており、水位は一定です。また、浚渫整備計画における平常時の水位(常時満水位(計画))と洪水時の水位(計画高水位(暫定))の差は約1.5mです。

図/ 1963年時点の城沼の地形
出典:「館林双書第十三巻故郷の自然・城沼」(1983)館林市立図書館

水質

市内の沼のBOD値を見ると、多々良沼と城沼は、蛇沼・近藤沼・茂林寺沼と比べて常に数値が高く、富栄養化した状態が続いています。
また、多々良沼と城沼をつなぐ鶴生田川のBOD値は、平成19年度に群馬県内の河川のワースト1位でした。

BBOD値:生物化学的酸素要求量。【英】Biochemical Oxygen Demand 水中の有機物が微生物の働きによって分解されるときに消費される酸素の量のことで、河川の有機汚濁を測る代表的な指標。BODが高いと水中の溶存酸素が欠乏しやすくなり、10mg/リットル以上で悪臭の発生等がみられる。(出典:(財)環境情報普及センターEICネット)

図/多々良沼・城沼・鶴生田川の水質(BOD)の経年変化
出典:館林市環境基本計画p.10
出典:平成17年度水質調査業務委託報告書、基準は生活環境の保全に関する環境基準別表2 平成9年4月11 日付環水管第115号環境庁水質保全局長通知
(http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/eisei/news/h17/presseisei050629.htm)

動植物

館林市の動植物については、2008(平成8)年に「館林市史特別編第3巻館林の自然と生きもの」(館林市)が発行されています。
ここでは、主に上記の図書に基づき、陸域・水域の動物の生息基盤を形成する植物群落、水中の自然を代表する魚類、水域と陸域の間の湿地環境を代表するトンボ類、陸域の環境を代表する鳥類についてとりまとめます。

(1)多々良沼

①植物群落

館林土木事務所が2007(平成19)年度に実施した調査では、多々良沼及び周辺で、22の植物群落が確認されました。
水田を含む湿性草地の群落が5種類、ヤナギ・ハンノキの湿性樹林が3種類区分されたほか、アカマツ植林を含む陸域の樹林も7種類区分され、広い面積に応じた多様な植物群落が形成されています。

図/多々良沼の植物群落
出典:「多々良沼公園基本計画(修正)報告書」(2007)群馬県館林土木事務所
②魚類

多々良沼では調査時外も含め30種と多くの魚類が確認されました。これは、流入河川である休泊堀幹川や藤川などでウグイ・オイカワ・アブラハヤが確認されており、流出河川である多々良川や矢場川でもアユ等が確認されるなど、渡良瀬川などの河川との交流があることによると考えられます。
ただし、捕獲個体数の77%を水質の悪化に耐えるモツゴが占めており、沼内で再生産(繁殖)できる魚類の多様性はあまり高くありません。

図/多々良沼の魚類
出典:「館林市史特別編第3巻館林の自然と生きもの」(2008)館林市
③トンボ類

多々良沼では2002~2006年の間に19種のトンボ類が確認されました。これは、古城沼の25種よりは少ないですが、城沼の12種より多い結果です。沼の周囲に羽化後の未熟成虫が利用する林があること、ヨシ・マコモなどの抽水植物が生育する群落が残されていることが、種数を増やす要因となっていると考えられます。

図/多々良沼及び城沼のトンボ類
出典:「館林市史特別編第3巻館林の自然と生きもの」(2008)館林市
④鳥類

2002~2007年の間に35回の調査が行われ、31科113種の鳥類が確認されました。
ハクチョウの越冬地で知られる多々良沼は、冬季には他に多数のカモ類、カイツブリ類、サギ類といった水鳥が沼に見られ、邑楽町の多々良沼公園・弁天の森ではトラツグミ・シロハラ・アカハラなどの森林性の冬鳥が見られます。
春・秋の渡りの時期には、水位の低下によって現れた干潟にシギ・チドリ類が飛来します。近年飛来個体数が減少する傾向がありますが、理由は不明です。
夏季には、沼ではカイツブリやカルガモが、樹林ではオオルリ・キビタキなどが繁殖しています。1年を通じて見られるキジも、この時期に耕作放棄地などの草地で繁殖していると考えられます。
また、陸域の生態系の頂点に位置するワシタカ類として、トビ・オオタカ・ノスリ・ハヤブサの4種が確認されています。

(2)城沼

①植物群落

城沼の北岸は古くから街道沿いに建物が立ち並び、社寺には樹林がありました。城沼沿いには細長く水田・ハス田が開かれていました。現在も、社寺の樹林が残り、水田・ハス田の一部は耕作が続けられています。
城沼の南岸は、高台部分がつつじが岡公園と畑として利用され、沼沿いには北岸と同様に細長く水田が開かれていました。近年、高台の畑地が住宅に転換されつつあり、低地の水田も公園などに転換されています。
城沼の水際部は、1977年頃から洪水対策・水質浄化対策として開始された浚渫工事により、極めてなだらかだった水際部や沼内の浅い部分が掘削され、ヨシ・ガマ群落を失いました。その後、水際部にはヨシ群落を再生し、水際から沼内にはハス群落を育てる活動が行われています。

1987(昭和62)年の「古城沼湿原自然保護計画報告書」(群馬県館林土木事務所)によると、江戸時代初期以降、古城沼は締切土手で城沼から分断されて、城沼の水は古城沼に入っておらず、長く水田と湿地の状態でした。このため、湿地部分は「繁茂したマコモ・ヒメガマ・ヨシ等の枯死植物の堆積による陸化が進み、一部泥炭層が浮島状になっている場所がある」としています。また、タチヤナギ・ジャヤナギ・ハンノキの高木が生育していました。現在は、かつてのヤナギ林・ハンノキ林の部分が植物・生物保全ゾーンとして残されており、その他の湿地部分は掘削されて開放水面となって、一部にハス群落が広がっています。

②魚類

城沼では25種、古城沼では15種の魚類が確認されました。しかし、捕獲個体数の97%を水質の悪化に耐えるモツゴが占めており、魚類の多様性は高くありません。
城沼の主な流入河川は、市街地内に源流がある鶴生田川で、館林の中心市街地とその北側の市街地が鶴生田川の流域に含まれることから、上流河川からの魚類の流入はあまり期待できません。また、城沼の流出口の首洗堰は、1999年頃の改修により洗堰(水を堰の上から越流させるタイプの堰)となったものの、下流の谷田川の堰及び谷田川・渡良瀬川合流点の堰門などのため、下流河川との魚類の交流も限られていると考えられます。

図/城沼の魚類
出典:「館林市史特別編第3巻館林の自然と生きもの」(2008)館林市
③トンボ類

城沼で確認された種はほとんど古城沼及び多々良沼で確認されていますが、古城沼及び多々良沼で確認されていて城沼で確認されない種が複数存在します。
これは、沼の周囲に羽化後の未熟成虫が利用する林がある、ヨシ・マコモなどの抽水植物が生育する群落が残されているといった環境が、古城沼と多々良沼で似かよっているためと考えられます。

図/多々良沼及び城沼のトンボ類
出典:「館林市史特別編第3巻館林の自然と生きもの」(2008)館林市
④鳥類

2003年~2007年の間の14回の調査により、26科60種の鳥類が確認されました。
冬季には、数年前からハクチョウが飛来しているほか、10種を越すカモ類が見られます。また、沼の北西部に残る民有のハス田では、城沼内や多々良沼では見られなかったクイナ、タシギが見られました。
夏季には、繁茂したハスの中で、カイツブリ、バン、オオバンなどの繁殖が確認されました。
樹林性の鳥類は、尾曳稲荷神社や向井千秋記念子ども科学館周辺で、シジュウカラ、メジロなどが見られました。

景観

(1)多々良沼

<広い沼>

多々良沼の広さは、背後にアカマツ林や邑楽町の公園の常緑樹林を眺めることで、より強調されます。樹林の背後には、赤城山系や富士山を望むこともできます。
近景としては、ヨシなどの水草や、水田・麦畑が広がって、沼の水面とともに、昔から変わらない地域の風景として感じ取ることができます。
人工物が少ない景観の中で、赤い弁天神社や規則的に並ぶサクラ並木が目立ち、興味をそそる対象となっています。

<湿地と大木>

湿地に生育しているヤナギ類などの高木は、都市や屋敷林では見られない自然樹形を保っており、太い幹や曲がりながら伸びる枝は、その木が現在に至る長い年月と、その間の風雪の厳しさを想像させます。

<アカマツ林>

アカマツ林内の散策路は、季節・時刻を問わず利用者が多いです。近隣居住者だけでなく、美術館や邑楽町公園の花祭りなどへの来訪者も散策を楽しんでいると思われます。

<単調な沿道>

沼の外周道路は直線が長く続くことが多く、極めて単調な沿道景観となっています。
一方、沼の南側では急なカーブが続きます。

<細い道>

車道の幅が狭くかつ農地や住宅に挟まれている個所、土手の上の道路で地元に愛されているサクラ並木に挟まれている個所など、園路を設けづらい個所が数か所存在します。

図/多々良沼の景観

(2)城沼

<広い沼>

城沼の広さは、東西方向に眺めた際、また、県立つつじが岡公園の高台から眺めた際に、台地部の樹木などに挟まれた水面が遠くまで見渡せることで、より強く感じられます。
沼を1周する朝陽の小径が整備されており、様々な角度から沼を眺めながら、散策、ジョギング、サイクリング等を楽しむことができます。

<大きく広がるハス群落>

近景としては、ハスの大きな群落が沼内に広がっており、大きな葉が高い密度で茂っている中に、ピンク色の花が揺れる様を楽しむことができます。

<点在する歴史資源>

南岸から対岸を眺めると、当郷神社、善長寺の屋根が樹木の緑に囲まれており、城沼と館林の歴史を感じさせています。さらに背後には日光連山が望めます。
北岸の朝陽の小径や館林花菖蒲園から南岸を眺めると、古城沼との間にかけられたレンガ色の桜橋、県立つつじが岡公園の樹木、樹木をバックに白く映える尾曳橋などが、景観のポイントとなっています。

<市街地の視覚的な近接>

つつじが岡公園は周囲よりもやや高まった場所にありますが、その他の外周部は沼との高低差が小さく、「細長い谷の底」に沼がつくられていることをあまり強く感じられません。つつじが岡公園のような樹木で覆われた斜面や、沼北東岸のような水際に近い桜並木など、樹木の緑で沼を取り囲むことで、「細長く」「高低差が小さい谷の底にある」沼としての印象を強めることができると考えられます。
しかし、現在では、住宅や事業所が視覚的に沼に接している外周部分もあり、こうした「開けた水際」が増えると、城沼らしい谷底感や歴史の古さを感じることが難しくなると考えられます。

<水辺のヤナギの景>

古城沼では、水際にヤナギの大木が残されており、その外側の道を通る際にはヤナギの間から水面や対岸を望み、西側の柳橋を渡る際には水辺に落ちるヤナギの濃い影を風景として楽しむことができます。
城沼の水際でもヤナギ類が生育している個所があり、景観をつくる大木になる可能性があります。

図/城沼の景観

産業・文化

(1)農業・漁業

多々良沼を取り囲む日向干拓地の大部分と邑楽町の中野沼周辺等の水田は農振農用地に指定されています。
多々良沼、城沼、古城沼の漁業協同組合には漁業権が免許されています。主に、一般市民のレクリエーションとしての釣り場として、それぞれの沼ではフナなどが放流されています。

  多々良沼 城沼 古城沼
漁業協同組合 日向漁業協同組合 城沼漁業協同組合 古城沼漁業協同組合
漁場の区域 多々良沼、多々良川、
孫兵衛川
城沼 古城沼
漁業権の対象と
なっている魚種
コイ・フナ・ウナギ コイ・フナ・ウナギ・
モツゴ
コイ・フナ・ウナギ・
モツゴ
入漁料(一般) 年間:8,000 円
1日:500 円
年間:8,000 円
1日:500 円
年間:8,000 円
1日:500 円
釣船台(一般・1人釣り) 1,500円 1,000円
図/漁業権の設定状況

(2)文化施設・各種指定等

史実によると、館林城は天文元年(1532年)赤井照光の創建により、その後、榊原康政(10万石)や徳川綱吉(25万石)が城主となり、廃藩までおよそ10家23代、文字通り「城下町」として大いに栄えました。城沼は、城の三方を囲む要害として重要でした。また、城沼に隣接するつつじが岡公園は、国の名勝に指定されています。 現在も、城沼の西に市役所・図書館をはじめ各種公共施設が、東に東北自動車道館林IC・主要地方道362号が立地し、利便性が高い地域となっています。
その他、多々良沼周辺と城沼周辺には、別表に挙げるような文化施設や指定地域等が存在します。
また、城沼は、近隣の県立館林女子高ボート部の練習コースとして利用されています。

図/古図に見る城沼
出典:群馬県立つつじが岡公園ガイド
http://www.city.tatebayashi.gunma.jp/tsutsuji/11.html
  多々良沼周辺 城沼周辺
  名勝躑躅ヶ岡
群馬県 館林美術館
多々良沼保安林
(防風林・保健保安林、館林市彫刻の小径)
県立つつじが岡公園
史跡榊原康政の墓附同画像(善導寺)
館林市 夕陽の小径、野鳥観察棟
多々良農村公園
高根運動場
多々良沼風致地区
タテバヤシザサ自生地(市天然記念物)
多々良沼遺跡、上絹屋遺跡
朝陽の小径(城沼を周回)
館林城
城沼総合運動場
向井千秋記念子ども科学館
城沼風致地区
史跡山王山古墳他(善長寺)
邑楽町 おうら創造の森
中野沼公園
多々良沼公園
鶉古城跡(町史跡)
中野沼と水生動植物群(町天然記念物)
ほか 日向漁協貸しボート・釣り桟橋 城沼渡船・遊覧船・貸しボート
つつじが岡パークイン(宿泊)
館林つつじの里ショッピングセンター

(3)まつり・観光等

多々良沼公園周辺には、館林市の農村公園や高根中央公園、邑楽町の中野沼やおうら創造の森、農村広場など、多々良沼公園以外にも公園・緑地等が分布しています。
また、館林市は、キャッチフレーズを「公園文化都市」と定めており、館林市観光協会も「花のまち館林イベント情報」と題したホームページを作成して、各種の花・自然・郷土文化にまつわるイベント情報を提供しています。

参考:館林市ホームページ、邑楽町ホームページ、館林市観光協会ホームページ
  4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
館林さくらまつり                    
鶴生田川両岸~尾曳稲荷神社(315 本)多々良保安林(110 本)、3月24 日(土)~4月8日(日)
邑楽町多々良沼公園                    
世界一こいのぼりの里まつり 錦鯉 錦鯉                   錦鯉
鶴生田川・近藤沼・茂林寺川・つつじが岡パークイン・多々良沼、3月下旬~5月上旬
邑楽町多々良沼公園                    
つつじが岡公園つつじまつり ツツジ ツツジ                    
県立つつじが岡公園、4月中旬~5月中旬  
館林花菖蒲まつり     花菖蒲                  
館林花菖蒲園(つつじが岡第二公園)、6月上旬~下旬 
城沼花ハスまつり                    
城沼・古城沼・つつじが岡パークイン、7月中旬~8月中旬 
彼岸花まつり・観光農園収穫祭           彼岸花            
つつじが岡第二公園・つつじが岡パークイン、9月~10 月上旬 
全国大陶器まつりと地場産野菜             野菜          
JA邑楽館林、農産物直売所(予定)、10 月中旬予定 
館林菊花                      
茂林寺境内、11 月上旬~中旬 
白鳥飛来               白鳥 白鳥 白鳥 白鳥 白鳥
多々良沼、城沼、毎年11 月中旬~翌年3月中旬頃 
お雛さままつり                     人形 人形
つつじが岡第二公園旧秋元別邸、旧上毛モスリン事務所ほか2月下旬~3月上旬 

市民活動等

自然や環境への関心の高まりとともに、多々良沼、城沼の自然観察や環境改善に多くの市民団体が取り組んでいます。
特に城沼については、1986(昭和61)年に、「地域河川や城沼の実態を学び城沼を水質汚染から守ろう」との呼びかけのもとに「城沼サミット」が開かれ、以後、2009年11月の第21回城沼サミットまで、継続的な調査・検討と成果の発表、一般市民や事業者に対する啓発活動などが行われています。
これらのほかにも、2つの沼をつなぐ鶴生田川の水質改善に取り組む地域の団体、渡良瀬川・利根川の水質・自然をテーマにした市民団体、地域に密着した課題解決を目指す生活学校等が数多く活動しています。
また、2009年10月に、市民が自主的に開発した「ハス刈り取り船」が完成するなど、組織化された市民以外にも、多々良沼・城沼に関心を持つ市民の方が多くなっています。

ここでは、多々良沼、城沼に関連する市民団体のホームページや連絡先などを紹介いたします。

市民活動団体一覧
  団体名
多々良沼 多々良沼自然公園を愛する会
多々良沼白鳥を守る会
邑楽町白鳥を愛する会
多々良地域ボランティアの会
毛氈山復活推進委員会
成島河川愛護会
城沼 城沼を考える市民会議
城沼白鳥を守る会
城沼周辺緑地ボランティアの会
加法師川をきれいにする会
広域 等 日本野鳥の会 群馬館林分会
館林ムジナモを守る会
館林クロメダカの会
ケナフ・カキツバタの会
まちづくりを考える研究グループ(まち研)

課題の整理

多々良沼と城沼の現状の課題は、図に示すような相互関係にあると考えられます。いずれの場合にも、「水質の悪化」、「水辺の自然環境の貧化」、「景観の悪化」がそれぞれ独立して悪化しているわけではなく、複雑に絡み合って全体的な傾向を作っています。
今後は、多様な主体の自主的な取り組みを組み合わせながら、「田園文化を伝える多々良沼」「城下町の歴史を伝える城沼」それぞれの特性を保全し、磨いて、『水質の改善』『水辺の自然環境の保全と再生』『美しい景観の保全と創造』の実現に取り組んでいくことが重要です。

図/現状の課題の関連